So-net無料ブログ作成

WEBサイトについて考えるべき事。 [PC関係全般の話]

今日は、なんとなーくダラダラとネットの世界を旅していたんですが。

以前、こんな「日々いいかげんな記事を書いている 笑」オイラにもコメントをくれた"bukkie"さんがとても興味深い記事を書いていらしたので紹介します。

Cafe de Bukkie Blog「今日のパソコンのお話」

視覚障害をお持ちの方のパソコン事情とゆうかそんな感じのお話なんですけど。

その中で特に気になったのがWEB関連のお話でした。

視覚障害をお持ちの方はWEBサイトをブラウジングする時は「インターネットのホームページの文字情報を音声化して読み上げするソフト」を使って音声で情報を得るそうです。
まぁ、考えてみれば「当たり前」の事なんですけど、見落としがちな事ですね。

それで、問題になるのが現在のWEBサイト事情。
現在のWEBサイトは動画や画像を大量に使用した、いわゆる「ビジュアル志向」のサイトが主流です。
ところが、前述の「音声読み上げブラウザ」は、純粋なテキストを読み上げてくれる物なんだそうです。つまり「画像や動画のファイル」は内容を確認する事ができないんです!
とゆう事は、ページやリンクなどに画像を多用したりするとサイトの構成なんかも全然把握できないワケです。

これも改めて考えてみれば「当たり前の事」なんですが、オイラはとてもショックを受けました。

現在オイラはWEBに関わる仕事をしています。仕事でWEBサイトなんかを制作したりもします。
もちろん今までも、お客様のサイトを制作する時にはいわゆる「WEBユーザビリティ」
・・・使いやすく、分かりやすいサイト制作。
を一番に考えて作ってきました。・・・いえ、作ってきたつもりでした。

しかし、世の中にはそれすら確認できない人がいる。それすら不便に感じる人がいる。
これはオイラにとっては、衝撃的な話でした。

もちろん、個人のサイトの作り方は個人の自由ですし、オイラが仕事で作るようなお客様のサイトは「お客様の希望」ありきなので、全てを視覚障害者の方の為に制作するワケにもいきませんが。
それでも、画像には文字で説明を付けるとか、代替テキスト(ALTタグ)を付けるとかそんな程度の事なら出来るハズです。
(えー、言い訳するワケではありませんが一応オイラはなるべく代替テキストなどを付けるようにはしてました・・・苦笑。)

WEBに関わるものとして、そしてサイトを制作する立場の人間として。

とても勉強になり、そして考えさせられた日でした。

 


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(3) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 5

bukkie

susshieさん、トラックバックありがとうございます。

たまたまのお客さんと言ってしまえばそれっきりだと思いますが、
やっぱそれじゃいけないんですよね。
そして、一般的なWindowsのチュートリアル的なサイトなんかだったら
視覚障害を持っている方も見るんじゃないかと思うんですよね。
そんな時に、カメラなんだか顕微鏡なんだかすら分からないくらい
高性能のカメラ使って画面や書類を拡大して閲覧している姿を拝見すると
そんなことしなくても音声変換できるようならそれにこしたことは無いわけで
そういう部分では、正直その方とのお話が上手く出来ないくらいその場で
考え込んでしまいました。
そういえば、活字チャットってのもかなり不便だそうです。
どうしてもマシン読み上げでは感情は伝わらず、そうなると
うっすらだけでもいいので相手の表情を見ながら会話が出来れば・・・
とおっしゃってました。そんなわけですぐに出来るWebCamの
商品情報あたりから探りを入れえていこうかと思っています。

ビックリしたのは、便利なものってのは、我々のような健常者ではなく
むしろそういった障害と付き合っていかなくてはならない方のほうが
心底“欲しい”“必要”と感じているようですね。
私も物欲リミッター壊れっぱなしですが、物欲って面でも
ちょっと考えさせられましたね。衝動買いでもその後何らかのメリットを
自己満足以外に求めていこうと思います。
by bukkie (2005-10-01 00:19) 

bukkie

ども、たびたび登場bukkieでございます。
スパムギリギリにping打たせていただきました。
記事2つ打っちゃったので、いらなかったら消しちゃってくださいね。
by bukkie (2005-10-01 00:58) 

susshie

bukkieさんコメントありがとうございます。
今回のbukkieさんの記事は自分的に本当に大きなショックを受けました。
今まで、自分の周りに障害を持っていらしてPCを使用されている方はいたのですが、視覚に障害を持っている方はいらっしゃらなかった事もあり気にした事がありませんでした。WEB制作に関わる者としては恥ずかしい限りです。
bukkieさんが記事の中で紹介されていた「ふじひろのページ」も拝見させていただきました。こちらも大変勉強になりました。やはりそういった方々の「生の声」を聞くとゆうのは良いことでしょうね。
いくら「ユーザビリティが良い」とか言っても自分たちは「健常者」の立場でしか物が見れていないワケですから。

本当に必要な物とは何か?本当のユーザビリティとはどうあるべきか?
もう一度改めて考え直してみたいなと思っております。
そして今後の制作等に生かしていきたいなと考えております。

・・・少々真面目な話になり、自分の「くだらない話のブログ」には合わないかとも思いましたが、真剣に考えなければいけない問題でもあるので紹介させていただきました。ありがとうございました。
by susshie (2005-10-01 01:13) 

zelarna

始めまして、Cafe deBukkieさんのコメント&トラバからsussheさんのところへ来たzelarna(ゼラーナ)といいます。
この問題には僕も非常に興味があるので、勝手ながらこちらにトラックバックをかけさせていただきました。もし不適でしたら削除をお願いします。
by zelarna (2005-10-01 11:05) 

susshie

zelarnaさん、はじめまして。コメント&トラバありがとうございます。
不適だなんてとんでもないです。むしろ大歓迎します(笑)。

この様な問題は自分たち「健常者」はつい見落としがちになってしまう事ですが、本来真っ先に考えなければならない問題だと思います。
自分もWEB制作に関わる者として、せめて自分が関与する物からだけでも「視覚障害者に優しいページ作り」を始めていければと思います。

オイラを含め、皆がこういった問題に真剣に取り組み、少しでも考えてくれたら良いなと思います。
・・・まぁオイラの拙い文章では伝わににくいかもしれませんが(苦笑)。
自分の文才の無さを激しく悔やんでおります。
by susshie (2005-10-02 00:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。